AGAと卵かけご飯の都市伝説

卵かけごはんがAGAの原因になるという都市伝説があります。なぜそういった都市伝説が出来たのかというと、生で食べるということに問題があります。実際には、卵という食べ物自体は、薄毛の原因になるどころか逆に育毛効果が高い食材です。髪の成長に必要なビタミンであるビオチンというものが多く含まれており、糖の代謝を促しさらに、髪の成長を促進する効果があります。本来は細菌によって合成されますが、必要な量を維持するために、食品から摂取することが必要です。不足すると肌トラブルや抜け毛や貧血、鬱などの症状が現れるといわれております。しかし、そのビオチンは、アビシンというたんぱく質の一種に結合する性質を持っております。それが薄毛になると言われる原因となります。ビオチンがアイシンと結合することによって、身体に結合することで、身体に吸収されなくなってしまい、それにより、血糖値の上昇や薄毛などのAGAの原因に繋がってしまいます。

アビシンとの結合を阻害することができれば、卵かけごはんを食べたとしても髪への影響はなくなります。アビシンは白身に含まれているため、白身を除去して黄身だけ食べることによって摂取することを防ぐことができます。白身を取り除く以外にも結合を妨げることが出来る方法があります。それは加熱することです。加熱することでアビシンは結合しなくなります。ただ、食べ過ぎに気を付ければ、実際にはビオチンが完全に不足してしまうということはあまりありません。それは腸内細菌が作ってくれるためです。実際に何個食べると影響があるかというと、10個以上食べると過剰な状態になってしまいます。そこまで毎日食べることができる人はほとんどいないため、実際に毎日食べていたからといって影響がでるというわけではありません。もし、それでも気になるという方の場合、しっかり加熱するということが一つです、半熟という状態ではなく、しっかり加熱した状態でないと効果は見込むことができないため注意が必要となります。また、食べ過ぎは良くないため、一日一個だけ食べるということを決めることも大切です。10個食べたら影響が出るということはわかったので、一日一個くらいならあまり影響はでません。性質をしっかりと知ることで、黄身に含まれている栄養素をしっかりと取り入れることができます。

それを踏まえたうえで、一番良い食べ方としては、茹でるという方法です。茹でれば油も使わず、しかも、しっかりと白身が固まった状態で食べることができるためです。また、コレステロールが心配だという人でも、実際に食べたからと言ってもコレステロール値が上がるということ自体、実際にはないため、安心して食べることができます。卵かけごはんが髪にAGAの原因となるという都市伝説の背景には、白身によって、黄身の栄養素が摂取できなくなってしまうことにありました。実際には、食べ方や量に注意して食べれば、栄養価が高く身体に良い食品となります。今回、悪者となっている白身ですが、白身自体も重要な蛋白源なので、栄養素をしっかりと取りたい場合には、熱を通して食べることがお勧めです。AGAを予防するためには、何よりもバランスの良い食生活がとても大切ですし、もちろん必要な栄養素の中にはたんぱく質もあるため、白身が影響するからといって捨てるのではなく、影響が出ないように熱を加えるなどの工夫をすることで、栄養素を無理なく取り入れることが可能です。また、薄毛を予防するためには、普段の食生活なども大きく関連するため、普段の生活習慣や食生活を改善するといったことの方をしっかり行うことが重要となります。

AGAと育毛シャンプーの都市伝説

最近ではスカルプDを筆頭に育毛シャンプーやスカルプシャンプーのCMが流れていることがありますが、まるで使用することで髪が生えてきそうなイメージを持たせるものですから興味を惹かれる方は多いかと思われるものの、しかしながら脱毛の原因がAGAの場合はそうしたシャンプーを使っても生えない可能性の方が高く、ほとんど改善への手助けにもならないとも言えるのです。
生えない理由はAGAによる脱毛をする仕組みと育毛シャンプーやスカルプシャンプーが持つ役割にあるのですが、誤った薄毛対策にならない為にもどのような理由で効果には期待ができないのか、そしてAGAから発毛させる為にはどのような対策を行うべきなのか知っておいた方が良いでしょう。

育毛シャンプーやスカルプシャンプーではダメな理由を知る為にはAGAの原因から理解する必要がありますが、この脱毛症はDHTが大本になっている症状であり、DHTが増加することによって毛周期を短縮させますのでそれによって髪の毛の成長が悪くなって結果的に健全な髪の毛が生えなくなりますし、脱毛も促進されてしまうのがこの症状によって薄毛やはげになってしまう理由です。

次に育毛シャンプーやスカルプシャンプーが効かない理由としてはDHTに作用する力がないのが大きな理由であり、大本への作用には期待することができませんのでいくらシャンプーで頭皮環境を整えてもDHTが存在する限りは髪の毛が生えてくることはありませんし、また、発毛をしないどころか脱毛を予防する効果にすら期待ができないと言えますので、育毛シャンプーやスカルプシャンプーを使用して生える可能性というのは限りなく低く、いわば都市伝説のようなものですからシャンプーのみでの対策になってしまわないように注意した方が良いと言えるでしょう。
ただし、誤解してはいけないのがシャンプー自体をきちんと行うことはムダというわけではないことであり、頭皮環境を整えることによって髪の毛は成長し易くなりますので日頃のシャンプーが大切ではないということは全くありませんし、少しでも育毛に期待ができるシャンプーを使って対策をするのは有効なことでもありますから、シャンプー自体に拘ってみることは大切とも言えます。
育毛シャンプーやスカルプシャンプーが良くないのはあくまでも脱毛の原因がAGAにも関わらずメインの対策として使用するのが誤りということであり、髪と地肌に良いシャンプーは率先して使用するべきとも言えますから、頭皮ケアは頭皮ケアできちんと行っていくことを心掛けるようにしましょう。

シャンプーでは発毛させることはできないのが現実ですが、発毛させる為にはやはり治療薬を使用するのがセオリーですし、治療薬を使ってこそようやく発毛ができる可能性が生まれてきますから、AGAが原因になっている脱毛の場合は対策法を誤らないことが大切であり、正しく対策を行うようにすれば改善できる可能性も十分にある脱毛症ですので、どのような対策が適しているのかを薄毛やハゲに悩む人はしっかりと理解しておくことが大切と言えるでしょう。
しかしながら治療薬を使えば確実に発毛ができるわけでもないのがAGA対策の難しいところであり、薬を使っても回復をしないこともありますから現に治療をしているものの思うように生えてこないというケースも少なくないですし、治療薬だけに頼り切ってしまうのも正しい対策法とは言えないのです。
発毛させる為には治療薬による対策を軸としつつも、その他の対策も同時に行っていくことが大事ですので、例えばシャンプーを育毛効果のあるものに換えるのも良いですし、その他にも生活習慣を整えたりストレス対策をするなどの工夫も必要になりますから、発毛を実現する為にもどれかの対策だけに注力するのではなく、色々な対策法を並行して行っていくことが重要と言えるでしょう。

AGA対策帽子でハゲるは都市伝説

AGA対策をするのであれば正しい方法で行うことが必要ですので、都市伝説には注意するように心掛け、帽子でハゲるといった情報などについては、そのような説が出てきた理由をよく理解して正しい対策に役立てるようにしていきましょう。

帽子を被ると蒸れてしまって細菌が繁殖することによって頭皮環境が悪くなってしまってハゲてしまうという説がありますが、強い日差しから髪や頭皮を守るためには被ったほうが効果的です。
過ぶることによって通気性が悪くなり、汗をかいて雑菌が増え、頭皮の環境が悪くなるという一面もありますが、それは長時間被ることにより悪影響であるため、屋内に入ったときにはとる、通気性のよいものを選んで被る、などの対策をすることで頭皮の環境悪化を防ぐことができますし、そもそも毎日の洗髪で頭皮の環境をキチンと整えておけば、被っていることですぐに頭皮環境が悪くなってしまうということはありません。
また、頭皮には毛細血管がありますので被ることで血行が悪くなることによってハゲるという説もありますが、それはサイズが合わないものを着用したときの話ですし、血行に問題がでるようなサイズのものを長時間被るという事態はそうあるものではありませんので、あまり気にすることはありません。
帽子をかぶったり、とったりすることによる摩擦がよくないという説もありますが、常識の範囲内で利用する分には摩擦の問題についても気にすることはありません。
むしろ被らないことによって髪や頭皮に直接、紫外線の刺激を受けることによる悪影響のほうがはるかに薄毛を招く危険がありますので、被らないという選択をするのではなく、正しく被って紫外線対策を行ったうえに、頭皮のケアについてはシャンプーをキチンとしたり、頭皮のマッサージを行うなどの対策を取り入れるなどしたほうが正しい薄毛対策を行うことができます。
皮脂は外からの刺激から肌を守るために分泌されていて、マラセチア菌が吸収することによって分解されて脂肪酸となり、その脂肪酸を別の菌が栄養源にすることで分解され、それによって肌が潤い、肌にとって悪影響を及ぼす雑菌から肌を守ることができるのですが、バランスが崩れて脂肪酸の分解が追いつかなくなると炎症が起きやすくなってしまうのですが、紫外線の直撃などの刺激を受けてしまうとバランスが崩れやすくなってしまうため、頭部は紫外線の刺激からしっかりと守ることが必要となります。
それに紫外線を浴びることで男性ホルモンは増えるということがわかっていますので、紫外線を浴びることで男性ホルモンが増えて、間接的要因でAGAが進行してしまうということも考えられます。
そのため、しっかりと紫外線対策をすることが必要ですが、だからといって被りっぱなしというの問題がありますので、室内に入ったら外す、風を通すために日陰に入って時々外すなどの対策も加えることで、より効果的な対策を行うことができます。毎日同じ帽子を被るというのも衛生上よくありませんので、通気性のよいものを複数用意して、適度に使い分けるということもAGAから髪の毛を守ることに繋がります。

被るとハゲるというのは都市伝説ですので、蒸れない通気性のよい素材のものを選んで被って紫外線から頭部を守り、男性ホルモンが過剰に分泌されることを防いだり、紫外線の悪影響で頭皮の環境が悪化することを防ぐように心掛けましょう。
AGA対策のために帽子を被るほうが良いといっても、被りっぱなしは蒸れて細菌の繁殖を招くなどよくありませんので、室内ではとるなど、マナーを守ることで紫外線から頭皮を守りながら無理なく効果的なAGA対策ができるということも覚えておくと良いです。

男性型脱毛症(AGA)にまつわる都市伝説

発毛に効果があると言われる情報はとても多いですよね。誰だって「ハゲ」にはなりたくありませんから、事前に対策が出来るのなら、ちょっとやってみようと思うものです。しかし、根拠がない情報が出回っている印象はないでしょうか?実際に検証結果を、研究として公開してるとしても、人それぞれの体質の影響もあり、何が正しいのか判断が出来ない事も多いですよね。

 
女性ではなく、男性型脱毛症(AGA)にまつわる都市伝説は多くありますので、自らのちょっと掘り下げる意識が必要かと感じます。例えばですが、わかめや海藻類は髪の毛の発毛に効く!と一度は聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?これは、過科学的根拠がないそうです。原因として、遺伝の可能性も否定が出来ないため、栄養素のみで発毛が出来るとは考えくいと言われています。

 
喫煙に関しても、薄毛の要因の1つと言われていますが、これはあくまで間接的にそうなる結果で、つまり血行が悪くなれば、頭皮への栄養が回りづらくなるからで、直接の原因と対策としては考えられていません。ストレスも抜け毛の大きな要因となっていますが,ことAGAだけを考えれば直接の原因ではないとの事です。抜け毛が増えたとしても、一定の髪の毛のサイクルがあり、抜け毛が増える時期は誰にでもあるので、心配はしなくてもいいのですが、短くて細い抜け毛が目立つようであれば要注意です。

 
理由は、成長をしていない段階の抜け毛は髪の毛のサイクルに、異常がある証拠だからです。遺伝の影響はあるのかと言いますと、遺伝は大きな要因としてあります。ホルモンバランス、細胞は両親から受け継いだものであり、DNAとして関係性は強いとの事ですね。帽子は薄毛や抜け毛の原因になるのかですが、こちらは関係がほぼないとのことです。つまり、帽子をかぶったことで蒸れるなど、汗を放置する事が抜け毛などで、直接の原因ではないのですね。

 
普段から、睡眠不足は関係があるのか?これもありません。あくまで生活スタイルなので、直接の関係はない結果です。筋力トレーニングをしてると薄毛になりやすいのか?という検証があるのですが、こちらは医学的に考えても関係があるとのこと。理由は、筋肉をつけるということは、男性ホルモンの活発化なのですね。男性ホルモンは、男性型脱毛症に大きく関わっている要素ですので、これは直接影響をしやすいとなっています。都市伝説もありますが、ホルモンバランスに大きく影響するという事が分かりますね。

AGAと頭皮の脂の都市伝説

男性の薄毛は、生え際とつむじ周辺に集中しているのが特徴です。この部分の毛根には、テストステロンをDHTに変える働きを行う5α還元酵素が存在しています。この部分にDHTが生産されると毛乳頭の受容体と結び付くケースがあります。これにより、頭皮の脂の分泌量が増加して、頭髪の成長サイクルが狂わされてしまいます。成長サイクルが狂う事により、短い段階での抜け毛が増加する事になります。さらに、抜けてから再生されるまでに時間がかかるようになり、薄毛が進行してしまいます。このDHTが原因の薄毛が、現在医療機関での治療が本格的に開始されているAGAです。男性ホルモンが関係している事から男性型脱毛症とも呼ばれています。

 

既に医学的な見地から有効な治療法が現在では確立されていますが、これまでは都市伝説を基にした方法も実践されてきました。頭皮の脂を抑制するために、肉類の摂取を制限する等の内容です。このような方法は、噂の由来も不明瞭であり、根拠無しという事も判明しています。つまり、直接的な原因にならないという事が分かっているという事です。皮脂の分泌量が増加するのは、食生活によるものではなくDHTが原因です。このために、この物質の生産を抑制する事が改善につながります。現在AGA治療で使用されている内服薬は、5α還元酵素を阻害するという作用があります。根本的な原因を改善する事により、症状の進行を防ぎます。

 

根拠無しの方法を実践しても、思う様な効果が発揮される事はありません。さらに、頭髪だけではなく健康に対してもマイナスの影響を及ぼす可能性があります。このために、医学的な見地から効果が確認されている治療法を選択する事が、薄毛を改善するためには必要となります。

 

DHTは、男性器を形成するために生産されるのが本来の役割です。また、この物質が生産されたとしても、全ての人が薄毛となるわけではありません。毛乳頭の受容体の感受性には個人差があるので、成長サイクルが変化しないというケースも十分起こりえます。都市伝説が確立するのは、このような個人差があるという事も理由です。薄毛となる人とならない人との差異が、日常生活の過ごし方にあると考えられてしまうのです。このために、一見すると根拠がある様な治療法が作りだされる事になります。ただし、現在では明確に効果が期待できる治療法が用意されているので、これらに惑わされる事もなくなっています。

AGAと睡眠不足やストレスの都市伝説

多くの男性が悩む事に、「薄毛」がありますね。これは、薄毛になった事がある男性にしか分からない分野ですが、もしなった場合、きっとアナタは薄毛対策の情報を調べるのではないでしょうか?薄毛になる事を、男性型脱毛症と呼ばれることがありますが、実はこれも一概に言えないのです。

 
つまりいろんな要因があって、それに基づいて脱毛の名前があるのです。AGAとは、主に、男性ホルモンの影響が強いことで薄毛になる脱毛症状となっていて、薄毛に関しての都市伝説ですが、いくつかは要因に基づいていますので、医学的な見地があるものもあります。例えばですが、遺伝の影響となると、男性型脱毛症との関連はかなり高い結果が出ています。しかし、不摂生が原因となれば、遺伝による薄毛とは言えませんよね?こうした情報が一緒くたになることで、整理されていなく、根拠無しの情報ばかりになるのですね。

 
他にもストレスや睡眠不足を続けていますと、脂漏性脱毛症と休止型脱毛症と呼ばれる可能性があります。こちらは、生活習慣が直接的な原因で、頭皮の状態が悪くなる事から起こる脱毛症状と判断が出来るのです。生活習慣が原因で、髪の毛が生えるサイクルがあるのですが、乱れて、休止期間に抜け毛が増えるのであれば、ストレスと生活習慣の乱れによるとかんがえることが出来ます。つまり、毛乳頭に栄養が届いていない状態と言えるわけです。

 
ほかにも、普段から髪の毛を結んでいると禿げやすいとか、帽子を被る回数が多いと禿げやすいとか噂はありますけど、AGAにとっては、直接的な原因にならないと結果で出ています。噂の由来は、頭皮を健康に保つ事が薄毛に効果的ということで、他の脱毛の症状と混同をしてしまった事ですね。きちんとした原因がわからずに、結果的に薄毛になった事が要因とも言えますし、研究が過去に進んでいなかったことも要因でしょう。都市伝説で、薄毛に対する情報は調べれば出てきますが、多くは医学的な根拠がない物が多いです。

 
脱毛の要因となる情報を調べないときちんとした対策は出来ません。現在の生活を一度、メモ帳をとるなり記録をしてみてはいかがでしょうか?どこかに良くない点があればその部分を改善すればよいでしょうし、ストレスを溜めてる、睡眠不足が仕事の関係で続いているのあれば、アナタのホルモンバランスに変異が出てくるかもしれません。そうなれば、原因が分かってますので、自然と脱毛の症状名が分かりますので対策が出来るでしょう。

AGAと喫煙の都市伝説

男性型脱毛症、AGAは、多くの男性たちを悩ませる薄毛の病名です。この病気自体は、男性ホルモンがもとになってできるDHTという物質であるといわれており、遺伝的な部分が非常に大きいとされています。環境的な要因は、あくまで間接的な原因となります。それでも、タバコを吸うとハゲる、わかめを食べると治る、ストレスが原因である、などのさまざまな噂が飛び交っています。実際、このような環境要因はAGAの直接的な要因にはなりません。間接的に毛髪と関連していることはあります。これらの都市伝説について、実際のところがどのようなものえあるのか振り返ってみましょう。

 

まずタバコを吸うとハゲる、というものですが、これは医学的な見地から証明されています。タバコのニコチンが血流を阻害することで、間接的に毛根にダメージを与えるというのです。男性型脱毛症には直接的な関連がないといわれてきましたが、近年の研究で喫煙がDHTを増加させるという研究結果が発表されています。これから詳しいことが分かるかもしれませんね。どちらにせよ、抜け毛対策にはタバコは控えたほうが良いでしょう。

 

次に、わかめを食べると治るというもの。これはよく聞くものですが、実際のところは間違っています。この噂の由来は、おそらくわかめの持つヨード成分が、髪の生育の補助的な役割を担っていることからでしょう。わかめが髪の健康のためによいのはたしかですが、抜け毛を防ぐまでの効果はありません。あくまで髪をきれいにする、といった程度です。

 

また、ストレスが抜け毛の原因というものもよく聞きますが、これも間違いです。ストレスによって生活サイクルが狂ってしまい、その結果として髪の環境に影響を与えることはあるでしょう。ですが、直接的な原因にならないのです。ストレスを強く感じても、きちんと食事や睡眠をとり、健康な生活をすることで、結果的には髪に良い環境をつくることもできます。よく漫画などで、登場人物が一度に大きなストレスを感じる描写をハゲる様子で表現することがありますが、あれは根拠無しの誇張表現にすぎません。

 

さまざまな環境要因は抜け毛に関連していることもありますが、直接病気には関係していません。遺伝的な部分が大きいので、環境要因を排除するだけでは完治は難しいでしょう。ですが、タバコを控えたり、ストレスのない生活を送ることによって健康的な生活をおくることは、広く抜け毛対策として有効です。

AGAと筋トレの都市伝説

男性でも女性でも、性別や年齢に関わらず、異性の視線を気にして自らの体をより魅力的に維持したいと思うのは共通した事です。特に体にコンプレックスのある部分関しては、他の場所よりも気になってしまうものです。特に男性の中で悩みのタネとなるものの一つが薄毛や脱毛など、髪の毛に関することです。薄毛が目立つようになるのは中年以降の年代の人が多いものですが、最近では20代など比較的若い人でも症状が現れるという人も少なくありません。こうした薄毛などの原因として、過度な筋トレを行うことが良くないという都市伝説がまことしやかに語られていますが、この噂の信憑性については、大きな疑問が残るものでもあります。

 

多くの男性が抱える薄毛の症状は、男性型脱毛症と呼ばれるもので、これはAGAという名前でも知られているものです。この症状は、男性ホルモンの一種であるテストステロンの働きが起因するとされていますが、筋トレなどの無酸素運動をすることによって、このテストステロンが増加するということも事実として存在しています。このことが噂の由来となっていると思われますが、この両者の因果関係には医学的な見地では根拠無しというのが事実です。しかし、AGAは遺伝的要因も非常に大きく関係するもので、遺伝的にハゲやすい人と、ハゲにくい人で、こうした無酸素運動による影響には違いがあります。
テストステロンは、薄毛を引き起こすジヒドロテストステロンに変容することが知られており、その量が多くなるほどその影響も大きくなります。
しかし、遺伝的にハゲにくい人は、テストステロンの量が増えても男性型脱毛症を発症することがありません。そのため、無酸素運動を行うことによって、即薄毛の原因にならないということになります。

 

こうした薄毛の症状を改善するには、ジヒドロテストステロンの生成を防ぐのが最も有効な方法で、そのためにはジヒドロテストステロンを生成する原因物質である5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑制する治療が有効です。そのため、遺伝的にハゲやすい人が無酸素運動を行いたい時には、事前に5αリダクターゼの働きを妨げる薬品を服用するのが有効な方法といえます。
また、無酸素運動ではなく、ジョギングやスイミングなどの有酸素運動は、ジヒドロテストステロンを減少させる効果があることが分かっているので、ダイエットや健康維持のための運動には有酸素運動を選ぶと、髪の毛の心配もせずに行うことができます。”

AGAとワカメの摂取の都市伝説

髪の毛に関する悩みを抱える人は多くいます。特に薄毛や脱毛などの症状を抱える人は男性に多く、中には20代など若いうちから症状に悩まされ、数多くの育毛剤などを使用しているという人も少なくありません。こうした薄毛や脱毛に効果のある民間療法や都市伝説には様々な物がありますが、中でも古くから言われているものの一つに昆布やワカメの摂取によって髪の毛を濃くするというものがあります。しかし、こうした海藻類を食べると髪に良いという話は、よく聞かれるのものの、医学的な見地では全く根拠無しで、発毛しないことがわかっています。そのため、むやみに海藻類を食べたからといって、脱毛症が改善することはありません。どうしてこのような都市伝説が生まれたか、噂の由来はやはりワカメや昆布の持つ見た目のイメージからとされており、黒々とした外観は髪の毛を連想させるものであるためです。

 
男性に特に多くみられる脱毛の症状は、男性型脱毛症と呼ばれるもので、AGAという名称でも広く知られるものとなっています。この症状が起こる原因は、遺伝的なものや生活習慣など、様々な要素が挙げられます。AGAが薄毛を進行させるメカニズムは、男性ホルモンの働きに起因していることが知られています。男性ホルモンは、通常であれば髪の発育には欠かせないものですが、これに5α還元酵素という酵素の一種が結合してしまうと、ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質へと変化してしまいます。

 
このジヒドロテストステロンは、髪の毛を正常に発毛させるためのヘアサイクルという周期を乱してしまう作用があります。髪の毛は、古くなった毛が自然と抜けて、同じ毛穴から新しい毛が生えてくる仕組みになっていますが、ジヒドロテストステロンが作用することによって、新しい毛が生えるタイミングがどんどん短くなってしまいます。そのため、抜け毛に対して新しい毛が生えるのが追いつかず、だんだんと薄毛が進行するとともに発毛を司る毛母細胞の働きも弱まってしまいます。

 

こうした症状を改善するには、5α還元酵素の働きを抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を防ぐことが大切です。これにはプロペシアなど、5α還元酵素を抑止する薬剤の使用が非常に有効です。また、活力を失った毛母細胞に直接栄養分や成長因子を注入するという治療法もあり、これらを併用することで、効果的に男性型脱毛症の症状を改善することができます。ワカメや昆布などは、発毛には関係ないものの、体には必要な栄養分を豊富に含んでいるため、健康を維持するために摂取するのは決して悪いことではありません。

AGAと栄養不足の都市伝説

薄毛の悩みは、男女共通して大きいものです。多くの薄毛の原因は、食生活のバランスの情報が多くあり、栄養不足が原因で、普段の習慣が大きく影響すると情報ではありますよね。ですが、それはあくまで食生活が原因で起きる薄毛の事なんです。薄毛の原因として考えられる事は、それだけではない可能性があることを、頭にいれておきましょう。もしかしかすると、遺伝が直接の原因もあるのですから。頭皮や髪の毛の栄養に必要ということで、海藻を日頃から摂取した方が良いというのもありますが、確かに悪いことはないのですが、薄毛になる原因と違う場合はどうでしょう?的はずれな対策と言えます。

 
自分が薄毛になった原因を自分だけで完結せずに、医師の診断を受けることが、第一歩と言えるのではないでしょうか。アナタが薄毛になったとしても、男性型脱毛症(AGA)であれば、男性ホルモンの過剰分泌、遺伝の影響が考えられます。いくら普段アナタが不衛生な生活を送ったとしても、AGAが原因であれば不衛生な生活が原因にならないということです。これは医学的な見地でもあり、論理的な解釈とも言えることです。
都市伝説の中で、睡眠不足や不規則な生活で薄毛になる情報がありますが、これはあくまでその可能性はありますが、男性型脱毛症とはなにも関係がないことや、男性ホルモンが脱毛に影響する行動としては根拠無しと言われています。

 
噂の由来の多くは、あくまで間接的な影響なども含めて考えられた事がきっかけではないでしょうか。こうしてみると、1つだけの原因ではなく、ある事がきっかけで薄毛の要因が増えて複雑に絡まってる可能性があると考えることが出来ます。例えばですが、最近不眠症に悩んでいる人がいるとしましょう。睡眠時間を確保できないことで、身体の生体リズムが狂い、結果薄毛になったとすると、そもそもの不眠症になった原因はなんなのかと考えることが出来ます。

 
他にも、毎日残業続きで、栄養の偏りが挙げられます。自宅で、栄養バランスを考えた自炊が出来ない、即席のコンビニ弁当ばかり続けていれば、直接的な原因は、普段の社会生活の中で、どうしても時間的な都合が原因と考えることも出来ますよね。食生活が偏っていれば、明らかに栄養が原因で薄毛の進行が進んでいると対策が出来るわけです。一概に、薄毛が始まったとしても、根本の原因を断定できるわけではありません。自分の感覚だけではなく、素直にカウンセリングを受けたほうが直接の原因が分かりますので、対策と効果が期待できるのはないでしょうか。