AGA対策帽子でハゲるは都市伝説

AGA対策をするのであれば正しい方法で行うことが必要ですので、都市伝説には注意するように心掛け、帽子でハゲるといった情報などについては、そのような説が出てきた理由をよく理解して正しい対策に役立てるようにしていきましょう。

帽子を被ると蒸れてしまって細菌が繁殖することによって頭皮環境が悪くなってしまってハゲてしまうという説がありますが、強い日差しから髪や頭皮を守るためには被ったほうが効果的です。
過ぶることによって通気性が悪くなり、汗をかいて雑菌が増え、頭皮の環境が悪くなるという一面もありますが、それは長時間被ることにより悪影響であるため、屋内に入ったときにはとる、通気性のよいものを選んで被る、などの対策をすることで頭皮の環境悪化を防ぐことができますし、そもそも毎日の洗髪で頭皮の環境をキチンと整えておけば、被っていることですぐに頭皮環境が悪くなってしまうということはありません。
また、頭皮には毛細血管がありますので被ることで血行が悪くなることによってハゲるという説もありますが、それはサイズが合わないものを着用したときの話ですし、血行に問題がでるようなサイズのものを長時間被るという事態はそうあるものではありませんので、あまり気にすることはありません。
帽子をかぶったり、とったりすることによる摩擦がよくないという説もありますが、常識の範囲内で利用する分には摩擦の問題についても気にすることはありません。
むしろ被らないことによって髪や頭皮に直接、紫外線の刺激を受けることによる悪影響のほうがはるかに薄毛を招く危険がありますので、被らないという選択をするのではなく、正しく被って紫外線対策を行ったうえに、頭皮のケアについてはシャンプーをキチンとしたり、頭皮のマッサージを行うなどの対策を取り入れるなどしたほうが正しい薄毛対策を行うことができます。
皮脂は外からの刺激から肌を守るために分泌されていて、マラセチア菌が吸収することによって分解されて脂肪酸となり、その脂肪酸を別の菌が栄養源にすることで分解され、それによって肌が潤い、肌にとって悪影響を及ぼす雑菌から肌を守ることができるのですが、バランスが崩れて脂肪酸の分解が追いつかなくなると炎症が起きやすくなってしまうのですが、紫外線の直撃などの刺激を受けてしまうとバランスが崩れやすくなってしまうため、頭部は紫外線の刺激からしっかりと守ることが必要となります。
それに紫外線を浴びることで男性ホルモンは増えるということがわかっていますので、紫外線を浴びることで男性ホルモンが増えて、間接的要因でAGAが進行してしまうということも考えられます。
そのため、しっかりと紫外線対策をすることが必要ですが、だからといって被りっぱなしというの問題がありますので、室内に入ったら外す、風を通すために日陰に入って時々外すなどの対策も加えることで、より効果的な対策を行うことができます。毎日同じ帽子を被るというのも衛生上よくありませんので、通気性のよいものを複数用意して、適度に使い分けるということもAGAから髪の毛を守ることに繋がります。

被るとハゲるというのは都市伝説ですので、蒸れない通気性のよい素材のものを選んで被って紫外線から頭部を守り、男性ホルモンが過剰に分泌されることを防いだり、紫外線の悪影響で頭皮の環境が悪化することを防ぐように心掛けましょう。
AGA対策のために帽子を被るほうが良いといっても、被りっぱなしは蒸れて細菌の繁殖を招くなどよくありませんので、室内ではとるなど、マナーを守ることで紫外線から頭皮を守りながら無理なく効果的なAGA対策ができるということも覚えておくと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です