AGAと頭皮の脂の都市伝説

男性の薄毛は、生え際とつむじ周辺に集中しているのが特徴です。この部分の毛根には、テストステロンをDHTに変える働きを行う5α還元酵素が存在しています。この部分にDHTが生産されると毛乳頭の受容体と結び付くケースがあります。これにより、頭皮の脂の分泌量が増加して、頭髪の成長サイクルが狂わされてしまいます。成長サイクルが狂う事により、短い段階での抜け毛が増加する事になります。さらに、抜けてから再生されるまでに時間がかかるようになり、薄毛が進行してしまいます。このDHTが原因の薄毛が、現在医療機関での治療が本格的に開始されているAGAです。男性ホルモンが関係している事から男性型脱毛症とも呼ばれています。

 

既に医学的な見地から有効な治療法が現在では確立されていますが、これまでは都市伝説を基にした方法も実践されてきました。頭皮の脂を抑制するために、肉類の摂取を制限する等の内容です。このような方法は、噂の由来も不明瞭であり、根拠無しという事も判明しています。つまり、直接的な原因にならないという事が分かっているという事です。皮脂の分泌量が増加するのは、食生活によるものではなくDHTが原因です。このために、この物質の生産を抑制する事が改善につながります。現在AGA治療で使用されている内服薬は、5α還元酵素を阻害するという作用があります。根本的な原因を改善する事により、症状の進行を防ぎます。

 

根拠無しの方法を実践しても、思う様な効果が発揮される事はありません。さらに、頭髪だけではなく健康に対してもマイナスの影響を及ぼす可能性があります。このために、医学的な見地から効果が確認されている治療法を選択する事が、薄毛を改善するためには必要となります。

 

DHTは、男性器を形成するために生産されるのが本来の役割です。また、この物質が生産されたとしても、全ての人が薄毛となるわけではありません。毛乳頭の受容体の感受性には個人差があるので、成長サイクルが変化しないというケースも十分起こりえます。都市伝説が確立するのは、このような個人差があるという事も理由です。薄毛となる人とならない人との差異が、日常生活の過ごし方にあると考えられてしまうのです。このために、一見すると根拠がある様な治療法が作りだされる事になります。ただし、現在では明確に効果が期待できる治療法が用意されているので、これらに惑わされる事もなくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です