AGAと育毛シャンプーの都市伝説

最近ではスカルプDを筆頭に育毛シャンプーやスカルプシャンプーのCMが流れていることがありますが、まるで使用することで髪が生えてきそうなイメージを持たせるものですから興味を惹かれる方は多いかと思われるものの、しかしながら脱毛の原因がAGAの場合はそうしたシャンプーを使っても生えない可能性の方が高く、ほとんど改善への手助けにもならないとも言えるのです。
生えない理由はAGAによる脱毛をする仕組みと育毛シャンプーやスカルプシャンプーが持つ役割にあるのですが、誤った薄毛対策にならない為にもどのような理由で効果には期待ができないのか、そしてAGAから発毛させる為にはどのような対策を行うべきなのか知っておいた方が良いでしょう。

育毛シャンプーやスカルプシャンプーではダメな理由を知る為にはAGAの原因から理解する必要がありますが、この脱毛症はDHTが大本になっている症状であり、DHTが増加することによって毛周期を短縮させますのでそれによって髪の毛の成長が悪くなって結果的に健全な髪の毛が生えなくなりますし、脱毛も促進されてしまうのがこの症状によって薄毛やはげになってしまう理由です。

次に育毛シャンプーやスカルプシャンプーが効かない理由としてはDHTに作用する力がないのが大きな理由であり、大本への作用には期待することができませんのでいくらシャンプーで頭皮環境を整えてもDHTが存在する限りは髪の毛が生えてくることはありませんし、また、発毛をしないどころか脱毛を予防する効果にすら期待ができないと言えますので、育毛シャンプーやスカルプシャンプーを使用して生える可能性というのは限りなく低く、いわば都市伝説のようなものですからシャンプーのみでの対策になってしまわないように注意した方が良いと言えるでしょう。
ただし、誤解してはいけないのがシャンプー自体をきちんと行うことはムダというわけではないことであり、頭皮環境を整えることによって髪の毛は成長し易くなりますので日頃のシャンプーが大切ではないということは全くありませんし、少しでも育毛に期待ができるシャンプーを使って対策をするのは有効なことでもありますから、シャンプー自体に拘ってみることは大切とも言えます。
育毛シャンプーやスカルプシャンプーが良くないのはあくまでも脱毛の原因がAGAにも関わらずメインの対策として使用するのが誤りということであり、髪と地肌に良いシャンプーは率先して使用するべきとも言えますから、頭皮ケアは頭皮ケアできちんと行っていくことを心掛けるようにしましょう。

シャンプーでは発毛させることはできないのが現実ですが、発毛させる為にはやはり治療薬を使用するのがセオリーですし、治療薬を使ってこそようやく発毛ができる可能性が生まれてきますから、AGAが原因になっている脱毛の場合は対策法を誤らないことが大切であり、正しく対策を行うようにすれば改善できる可能性も十分にある脱毛症ですので、どのような対策が適しているのかを薄毛やハゲに悩む人はしっかりと理解しておくことが大切と言えるでしょう。
しかしながら治療薬を使えば確実に発毛ができるわけでもないのがAGA対策の難しいところであり、薬を使っても回復をしないこともありますから現に治療をしているものの思うように生えてこないというケースも少なくないですし、治療薬だけに頼り切ってしまうのも正しい対策法とは言えないのです。
発毛させる為には治療薬による対策を軸としつつも、その他の対策も同時に行っていくことが大事ですので、例えばシャンプーを育毛効果のあるものに換えるのも良いですし、その他にも生活習慣を整えたりストレス対策をするなどの工夫も必要になりますから、発毛を実現する為にもどれかの対策だけに注力するのではなく、色々な対策法を並行して行っていくことが重要と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です