AGAと睡眠不足やストレスの都市伝説

多くの男性が悩む事に、「薄毛」がありますね。これは、薄毛になった事がある男性にしか分からない分野ですが、もしなった場合、きっとアナタは薄毛対策の情報を調べるのではないでしょうか?薄毛になる事を、男性型脱毛症と呼ばれることがありますが、実はこれも一概に言えないのです。

 
つまりいろんな要因があって、それに基づいて脱毛の名前があるのです。AGAとは、主に、男性ホルモンの影響が強いことで薄毛になる脱毛症状となっていて、薄毛に関しての都市伝説ですが、いくつかは要因に基づいていますので、医学的な見地があるものもあります。例えばですが、遺伝の影響となると、男性型脱毛症との関連はかなり高い結果が出ています。しかし、不摂生が原因となれば、遺伝による薄毛とは言えませんよね?こうした情報が一緒くたになることで、整理されていなく、根拠無しの情報ばかりになるのですね。

 
他にもストレスや睡眠不足を続けていますと、脂漏性脱毛症と休止型脱毛症と呼ばれる可能性があります。こちらは、生活習慣が直接的な原因で、頭皮の状態が悪くなる事から起こる脱毛症状と判断が出来るのです。生活習慣が原因で、髪の毛が生えるサイクルがあるのですが、乱れて、休止期間に抜け毛が増えるのであれば、ストレスと生活習慣の乱れによるとかんがえることが出来ます。つまり、毛乳頭に栄養が届いていない状態と言えるわけです。

 
ほかにも、普段から髪の毛を結んでいると禿げやすいとか、帽子を被る回数が多いと禿げやすいとか噂はありますけど、AGAにとっては、直接的な原因にならないと結果で出ています。噂の由来は、頭皮を健康に保つ事が薄毛に効果的ということで、他の脱毛の症状と混同をしてしまった事ですね。きちんとした原因がわからずに、結果的に薄毛になった事が要因とも言えますし、研究が過去に進んでいなかったことも要因でしょう。都市伝説で、薄毛に対する情報は調べれば出てきますが、多くは医学的な根拠がない物が多いです。

 
脱毛の要因となる情報を調べないときちんとした対策は出来ません。現在の生活を一度、メモ帳をとるなり記録をしてみてはいかがでしょうか?どこかに良くない点があればその部分を改善すればよいでしょうし、ストレスを溜めてる、睡眠不足が仕事の関係で続いているのあれば、アナタのホルモンバランスに変異が出てくるかもしれません。そうなれば、原因が分かってますので、自然と脱毛の症状名が分かりますので対策が出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です