AGAと白髪の都市伝説

男性の多くの人が抱える薄毛や脱毛などの髪の毛に関する悩みは、非常に大きなコンプレックスの原因となるものです。こうした薄毛などの症状は、年齢を重ねるごとに徐々に進行していく人も多くいますが、中には比較的若いころから脱毛の症状が始まる人も少なくありません。この所謂ハゲに関する話題は、多くの男性にとって気になるものですが、そうした話題の中で、白髪の人はハゲないという都市伝説が古くから言われています。こうした噂の由来ははっきりとしたものはありませんが、一般的に白髪が目立つ人は、高齢者であっても髪の毛がふさふさとしている印象が強いためと思われます。

 

しかし、こうした噂は、残念ながら医学的な見地から見ても全く根拠無しということが事実として存在しています。なぜならば髪の毛を白くしてしまう原因と、脱毛を引き起こす原因にはお互いに全く関係ないからです。髪の毛の色が白くなるのは、毛根の毛乳頭と呼ばれる部分にある色素細胞が活動を停止してしまうことにより、髪の毛を黒くするメラニン色素が作られなくなるからです。これに対し、髪の毛の発毛を司るのは毛母細胞と呼ばれる細胞で、これら両者にはその働きに因果関係はありません。そのため、頭に白いものが増えてきたからといって、安心できる根拠にはならず、薄毛や脱毛の可能性がなくなるということはありません。単純にハゲている人は、色素細胞が活動を停止していても、それを表す髪の毛が無いということが噂の由来にも繋がっているといえます。

 

男性に多くみられる脱毛の症状は、男性型脱毛症と呼ばれるもので、これはAGAという名称でも知られています。この症状の原因は、男性ホルモンに5αリダクターゼと呼ばれる酵素の一種が作用することにより、ジヒドロテストステロンというホルモンを生成されるためです。このジヒドロテストステロンは、髪の毛を正常に発毛させる仕組みであるヘアサイクルを乱してしまうという作用を持っており、本来髪の毛の生える成長期と呼ばれる期間が短くなってしまうため、徐々に新しい毛が生えにくくなっていくというものです。これを改善するには、5αリダクターゼの働きを抑制するのが第一で、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることでヘアサイクルを正常な状態に戻すことが可能となります。また、こうした治療に伴い、毛母細胞に直接栄養分や成長因子を注入する育毛メソセラピーやHARG治療と呼ばれる治療法も非常に効果の高いものとして知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です