AGAと栄養不足の都市伝説

薄毛の悩みは、男女共通して大きいものです。多くの薄毛の原因は、食生活のバランスの情報が多くあり、栄養不足が原因で、普段の習慣が大きく影響すると情報ではありますよね。ですが、それはあくまで食生活が原因で起きる薄毛の事なんです。薄毛の原因として考えられる事は、それだけではない可能性があることを、頭にいれておきましょう。もしかしかすると、遺伝が直接の原因もあるのですから。頭皮や髪の毛の栄養に必要ということで、海藻を日頃から摂取した方が良いというのもありますが、確かに悪いことはないのですが、薄毛になる原因と違う場合はどうでしょう?的はずれな対策と言えます。

 
自分が薄毛になった原因を自分だけで完結せずに、医師の診断を受けることが、第一歩と言えるのではないでしょうか。アナタが薄毛になったとしても、男性型脱毛症(AGA)であれば、男性ホルモンの過剰分泌、遺伝の影響が考えられます。いくら普段アナタが不衛生な生活を送ったとしても、AGAが原因であれば不衛生な生活が原因にならないということです。これは医学的な見地でもあり、論理的な解釈とも言えることです。
都市伝説の中で、睡眠不足や不規則な生活で薄毛になる情報がありますが、これはあくまでその可能性はありますが、男性型脱毛症とはなにも関係がないことや、男性ホルモンが脱毛に影響する行動としては根拠無しと言われています。

 
噂の由来の多くは、あくまで間接的な影響なども含めて考えられた事がきっかけではないでしょうか。こうしてみると、1つだけの原因ではなく、ある事がきっかけで薄毛の要因が増えて複雑に絡まってる可能性があると考えることが出来ます。例えばですが、最近不眠症に悩んでいる人がいるとしましょう。睡眠時間を確保できないことで、身体の生体リズムが狂い、結果薄毛になったとすると、そもそもの不眠症になった原因はなんなのかと考えることが出来ます。

 
他にも、毎日残業続きで、栄養の偏りが挙げられます。自宅で、栄養バランスを考えた自炊が出来ない、即席のコンビニ弁当ばかり続けていれば、直接的な原因は、普段の社会生活の中で、どうしても時間的な都合が原因と考えることも出来ますよね。食生活が偏っていれば、明らかに栄養が原因で薄毛の進行が進んでいると対策が出来るわけです。一概に、薄毛が始まったとしても、根本の原因を断定できるわけではありません。自分の感覚だけではなく、素直にカウンセリングを受けたほうが直接の原因が分かりますので、対策と効果が期待できるのはないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です