AGAと卵かけご飯の都市伝説

卵かけごはんがAGAの原因になるという都市伝説があります。なぜそういった都市伝説が出来たのかというと、生で食べるということに問題があります。実際には、卵という食べ物自体は、薄毛の原因になるどころか逆に育毛効果が高い食材です。髪の成長に必要なビタミンであるビオチンというものが多く含まれており、糖の代謝を促しさらに、髪の成長を促進する効果があります。本来は細菌によって合成されますが、必要な量を維持するために、食品から摂取することが必要です。不足すると肌トラブルや抜け毛や貧血、鬱などの症状が現れるといわれております。しかし、そのビオチンは、アビシンというたんぱく質の一種に結合する性質を持っております。それが薄毛になると言われる原因となります。ビオチンがアイシンと結合することによって、身体に結合することで、身体に吸収されなくなってしまい、それにより、血糖値の上昇や薄毛などのAGAの原因に繋がってしまいます。

アビシンとの結合を阻害することができれば、卵かけごはんを食べたとしても髪への影響はなくなります。アビシンは白身に含まれているため、白身を除去して黄身だけ食べることによって摂取することを防ぐことができます。白身を取り除く以外にも結合を妨げることが出来る方法があります。それは加熱することです。加熱することでアビシンは結合しなくなります。ただ、食べ過ぎに気を付ければ、実際にはビオチンが完全に不足してしまうということはあまりありません。それは腸内細菌が作ってくれるためです。実際に何個食べると影響があるかというと、10個以上食べると過剰な状態になってしまいます。そこまで毎日食べることができる人はほとんどいないため、実際に毎日食べていたからといって影響がでるというわけではありません。もし、それでも気になるという方の場合、しっかり加熱するということが一つです、半熟という状態ではなく、しっかり加熱した状態でないと効果は見込むことができないため注意が必要となります。また、食べ過ぎは良くないため、一日一個だけ食べるということを決めることも大切です。10個食べたら影響が出るということはわかったので、一日一個くらいならあまり影響はでません。性質をしっかりと知ることで、黄身に含まれている栄養素をしっかりと取り入れることができます。

それを踏まえたうえで、一番良い食べ方としては、茹でるという方法です。茹でれば油も使わず、しかも、しっかりと白身が固まった状態で食べることができるためです。また、コレステロールが心配だという人でも、実際に食べたからと言ってもコレステロール値が上がるということ自体、実際にはないため、安心して食べることができます。卵かけごはんが髪にAGAの原因となるという都市伝説の背景には、白身によって、黄身の栄養素が摂取できなくなってしまうことにありました。実際には、食べ方や量に注意して食べれば、栄養価が高く身体に良い食品となります。今回、悪者となっている白身ですが、白身自体も重要な蛋白源なので、栄養素をしっかりと取りたい場合には、熱を通して食べることがお勧めです。AGAを予防するためには、何よりもバランスの良い食生活がとても大切ですし、もちろん必要な栄養素の中にはたんぱく質もあるため、白身が影響するからといって捨てるのではなく、影響が出ないように熱を加えるなどの工夫をすることで、栄養素を無理なく取り入れることが可能です。また、薄毛を予防するためには、普段の食生活なども大きく関連するため、普段の生活習慣や食生活を改善するといったことの方をしっかり行うことが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です