都市伝説とは異なる男性型脱毛症(AGA)のホントの原因

薄毛は、男性に多く見られる症状であり、そのほとんどはホルモンの働きと関係しています。このために、男性ホルモンの分泌量が急激に増加する成長期以降に進行する事になります。正確には、テストステロンが変化して生産されるDHTという物質が原因です。

 

 

DHTが、毛根の内部に存在している毛乳頭という部分のレセプターと結合する事により、皮脂の分泌量が過剰になってしまい毛周期が狂わされてしまいます。通常であれば数年間は継続する成長期が短縮される事になり、頭髪はすぐに抜けるようになります。また、生え変わりもスムーズに行われなくなってしまいます。

 

 

この物質が原因により進行する薄毛の事は、AGAと呼ばれています。日本名では男性型脱毛症と名付けられており、男性特有の症状です。生え際から頭頂部にかけての部分が薄毛となるのがこの症状の特徴であり、中年男性に多く見られるタイプです。

 

 

ただし、DHTが分泌されたからといって、全ての人が薄毛となるわけではありません。このために、男性であっても症状が進行する人としない人とに分かれる事になります。そこで、様々な都市伝説が作られるようになり、それを改善するために医学的な見地から根拠無しの民間療法が考案される事になります。

 

 

都市伝説とは、帽子をかぶると薄毛になりやすいという類の事です。噂の由来は、不明瞭であり根拠のある様な内容ではありません。現在では、これらは原因にならないという事が判明しています。DHTにより進行する事が、判明しているからです。

 

 

AGAに対しては、治療薬が開発されており、医療機関で購入する事ができます。DHTの生産を抑制する内服薬であり、飲む育毛剤とも呼ばれています。臨床実験では、3年間の継続使用で7割以上の改善が確認されており、国際的にも効果が認められています。

 

 

この内服薬は、テストステロンを変化させる還元酵素に作用するという内容です。元々は、前立腺肥大の治療薬として開発された成分で、頭髪に対しての直接的な作用はありません。このために、男性型脱毛症専門の治療薬であり、他の原因により進行する薄毛に対しては改善効果は発揮されません。

 

 

このように、薄毛を改善するためには、医学的な見地に基づいた治療法を選択するのが有効です。根拠なしの治療を行っても、思う様な結果は得られないからです。医療機関での薄毛治療が本格的に開始されたのは、利用者の混乱を防ぐという事も目的となっています。

 

 

男性ホルモンは、男性型脱毛症に大きく関わっている要素ですので、これは直接影響をしやすいとなっています。
都市伝説もありますが、ホルモンバランスに大きく影響するという事が分かりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です