男性型脱毛症(AGA)にまつわる都市伝説

発毛に効果があると言われる情報はとても多いですよね。誰だって「ハゲ」にはなりたくありませんから、事前に対策が出来るのなら、ちょっとやってみようと思うものです。しかし、根拠がない情報が出回っている印象はないでしょうか?実際に検証結果を、研究として公開してるとしても、人それぞれの体質の影響もあり、何が正しいのか判断が出来ない事も多いですよね。

 
女性ではなく、男性型脱毛症(AGA)にまつわる都市伝説は多くありますので、自らのちょっと掘り下げる意識が必要かと感じます。例えばですが、わかめや海藻類は髪の毛の発毛に効く!と一度は聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?これは、過科学的根拠がないそうです。原因として、遺伝の可能性も否定が出来ないため、栄養素のみで発毛が出来るとは考えくいと言われています。

 
喫煙に関しても、薄毛の要因の1つと言われていますが、これはあくまで間接的にそうなる結果で、つまり血行が悪くなれば、頭皮への栄養が回りづらくなるからで、直接の原因と対策としては考えられていません。ストレスも抜け毛の大きな要因となっていますが,ことAGAだけを考えれば直接の原因ではないとの事です。抜け毛が増えたとしても、一定の髪の毛のサイクルがあり、抜け毛が増える時期は誰にでもあるので、心配はしなくてもいいのですが、短くて細い抜け毛が目立つようであれば要注意です。

 
理由は、成長をしていない段階の抜け毛は髪の毛のサイクルに、異常がある証拠だからです。遺伝の影響はあるのかと言いますと、遺伝は大きな要因としてあります。ホルモンバランス、細胞は両親から受け継いだものであり、DNAとして関係性は強いとの事ですね。帽子は薄毛や抜け毛の原因になるのかですが、こちらは関係がほぼないとのことです。つまり、帽子をかぶったことで蒸れるなど、汗を放置する事が抜け毛などで、直接の原因ではないのですね。

 
普段から、睡眠不足は関係があるのか?これもありません。あくまで生活スタイルなので、直接の関係はない結果です。筋力トレーニングをしてると薄毛になりやすいのか?という検証があるのですが、こちらは医学的に考えても関係があるとのこと。理由は、筋肉をつけるということは、男性ホルモンの活発化なのですね。男性ホルモンは、男性型脱毛症に大きく関わっている要素ですので、これは直接影響をしやすいとなっています。都市伝説もありますが、ホルモンバランスに大きく影響するという事が分かりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です